家族葬が多いものの、実際には一般葬になるライン

最近は家族だけで行う家族葬が多いものの、お世話になったご近所の方や親しくお付き合いをしていた友人などに知らせると、葬儀に参列してくださることがほとんどです。
その場合、会葬者が10名を超えると、家族葬で行うとしながらも、実際に葬儀の際の椅子の並び方などは一般葬と同じ扱いになります。
10名以下の会葬者であれば、家族葬として執り行われ、親族は故人に向かって座り、会葬者には背を向けることになりますが、10名以上の会葬者がある場合には、親族は向かい合って座り、会葬者の皆さんの顔が見えるようにします。
そのため、家族以外に誰も呼ばず、本当に身内だけで行う葬儀のことを、家族葬だと考えておくのがいいでしょう。
規模の小さなお葬式のことを家族葬だと考えていると、家族葬でも意外と粗供養などが必要になり、葬儀費用も膨らんでいってしまいます。
金銭的な面で小規模な葬儀をしたい場合には、注意が必要だといえるのではないでしょうか。