お葬式へ行った時の対応や言葉遣い

訃報というのは急に来ることがほとんどで、お通夜の場合にはいけるときといけないときがあります。
故人との関係が深ければ行くのが常識で、行けない場合には弔電を打つのも常識です。
またお葬式へ行った時はお悔やみの言葉があり、ご愁傷様ですという言葉を使うようにします。
またお悔やみの言葉を言うときには注意点があり、まずは長くならないよう簡潔にしなくてはいけません。
そしてお悔やみの言葉には使っていけないものがあり、重ね言葉といってたびたびやつくづくなどがあります。
また死に関する言葉にもきをつけるようにし、正しい言い方を知っておくのが大事です。
またお通夜の席では故人と対面することもあり、遺族からの申し出でするようになっています。
間違ってもこちらから申し出ないようにし、遺族から申し出があれば対面するようにします。
この場合お断りをするときには、お目にかかるのが辛すぎるのでとお断りします。
故人や遺族に失礼のないように対応しなくてはいけません。