意外と知らない出す側のお葬式のマナー

お葬式のマナーというと、誰もが葬儀に会葬者として参列する時のことを連想しがちです。
その場合、光るものを身に着けてはいけないとか、その中でも真珠だけは涙を表すとして身に着けてもよいといったことを、参列の際の常識として頭の中に入れていきます。
けれども、これがお葬式を出す側となると、特に初めての場合にはなにをどうすればいいのかがまったくわからないという人が多いのではないでしょうか。
そんなときに頼りになる存在が、葬儀のセレモニーを仕切ってくれる担当の人です。
この人に聞けば、ご導師様へのお布施はどのくらい包めばよいのかから、通夜振る舞いはどのくらいの料理を用意し、告別式からお骨上げのあとの仕上げの料理はどのくらいの価格帯の物を選べばいいのかまで、何もかも教えてくれます。
お葬式を出すということはそうそうあることではないので、周りの人に聞いても記憶があいまいだったり、地方によってしきたりが違い、意見がバラバラになってわかりにくいので、お葬式のスペシャリストに聞くのが一番です。